19.05.24

作業療法学科2年の授業風景の一場面

 

 4月に入り、新年度とともに作業療法学科でも授業が始まっています。今回は、“作業治療学”の科目で“関節可動域の練習(体の関節がスムーズに最大限に動くようにする)”です。初めてで楽しくもありますが、コツをつかむのに苦労しています。

 みんな来年の臨床実習や作業療法士になるために、講義に実技に一生懸命取り組んでいます。