21.08.20

北日本新聞に掲載されました!(2021年8月4日)

介護2021年度 第14号

 

日本の社会問題の一つに介護人材不足があります。

厚生労働省「2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について」によると、介護人材の需要見込み253.0 万人に対し、介護人材の供給見込み215.2万人で、その需給ギャップが37.7 万人であることが発表されています。つまり、2025年度には介護人材37.7万人が不足することになります。

 

そこで、期待されているのが外国人の介護人材です。

外国人の方に介護技術を身につけてもらい、介護施設で働いてもらうため、当校も地域の施設と連携し、介護人材を育成していきます。

 

【 参 考 】

2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について」厚生労働省資料 [PDF:632KB]



 北日本新聞 2021年8月4日号に掲載