【介護福祉学科】社会人入学を希望される方へ

HOME > 学科紹介 > 介護福祉学科 > 【介護福祉学科】社会人入学を希望される方へ

介護福祉学科では、これまでに多くの社会人入学生を受け入れ、卒業生を輩出してきました。

昨年度卒業した社会人入学生からは、学生生活をふり返り「当校に入学してよかった」という話を聞くことができました。

 

しかしながら、社会人を経て再び学校で学ぶことは、夢や希望を抱く一方で不安な点も多く、入学に至るまでには様々な心の葛藤もあったようです。環境が大きく変わるのですから当然のことです。

 

そこで、当学科へ社会人入学をご検討中の方に参考にしていただければと、社会人入学生について様々な情報をまとめました。ご相談やご質問も随時受け付けておりますので、ご連絡ください。

介護福祉学科では下記の期間、オンライン社会人個別相談会を開催します。

  開催期間:12月25日(金)~3月5日(金)(土日祝日も開催)

       ※但し12月30日~1月3日を除く

  開催時間:10:00~19:00

個別相談会のお申し込みは、希望日の2日前まで(土日祝日を除く)に、①氏名 ②ふりがな ③電話番号 ④希望日 ⑤希望時間を下記アドレスまでお送りください。

アドレス:toyamairyou.kaigo@tif.ac.jp

 

 1、社会人入学生の年齢、男女比、入学前の職業

(1)入学時の年齢
これまでに約80名の社会人が入学された実績を持っています。

年齢は20代~60代までと幅広く、同年代の仲間ができ社会人も学びやすい環境です。

 

 

 

 

 

 

 

「2011~2019年度卒業生データ」より

 

(2)入学時の男女比
 グラフで見ると男女比は女性の方がやや多くなっていますが、年度により様々で男性が多い年もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2011~2019年度卒業生データ」より

 

(3)入学前の職業
入学前の職業も様々で、医療職に限らず幅広い職種の方が入学されています。

 

■ 入学前の職業例

 飲食サービス業、 宿泊業、 製造業、 建設業、 教員、 自衛隊、 介護サービス業

 

 

  2、安心して学べるサポート体制

安心した学生生活が送れるよう、個人の状況を考慮したサポートを行います。


(1)学業と家庭の両立がしやすい環境面のサポート

社会人入学生の地域性や子育てなどの家庭環境を配慮して実習先を配置するなど、学業と家庭の両立がりやすいように配慮しています。

 

(2)学修効果を高める学習サポート

講義時はスライドを使用し、きめ細かな説明と適切な資料を配布するほか、演習を取り入れることで理解を深めます。また、確認テストなどを通して学習の確認と定着を行い学修効果を高めます。

 

(3)教員が学生の立場に立ってサポート

教員の中にも社会人入学の経験者がおり、学生側の立場に立ち、親身になって相談にのります。


 

 

 

 

 

スライドや演習を取り入れた講義の様子

 

 3、社会人ならではの学校生活

前述の通り、社会人入学生は幅広い年齢層で、様々な年代の方と交流することができます。

介護福祉士に必要なコミュニケーション能力が自然と高まるよい環境と言えます。

また、長期休暇(夏季休業・冬季休業など)もあり、仲間と交流を深めたり自分の時間を過ごすなど、学生生活がより充実します。

 


学科内交流会の様子

 

4、100%(2019年度)を誇る高い就職率!!

学生の希望や特徴を考慮し、マッチした就職情報(富山県内外)を提供します。

また、就職先のマッチングだけでなく、就職後に教員が職場訪問をし、相談に乗ったり職場との仲介を行うことで、職場の定着をサポートします。

富山県内外の豊富な求人情報

 5、社会人が活用できる学費サポート制度

 

学費の面で心配な方には、社会人が利用できる学費サポート制度もあります。

 

(1)社会福祉協議会の奨学金制度
   上限額を2年間貸与した場合は総額168万円となります。

    ※一定条件を満たすことで返還免除が可能です。

 

(2)各行政が設けている助成制度
   高等職業訓練促進給付金(実施状況は各市町村(県)に問い合わせてください。)

    ・ 訓練促進給付金 ………… 70,500 円 ~ 100,000 円〔月額〕

    ・ 訓練修了支援給付金 …… 25,000 円 ~   50,000 円

      ※ 給付額は世帯によって異なります。

 

(3)介護施設による奨学金制度

    支給額等の条件は、介護施設によって異なります。

 

※上記以外にも制度があります。詳細は介護福祉学科事務局(TEL:076-476-1000)まで

 お問い合わせください。

 

 6、社会人入学生の声

 

(1)入学の動機

・親の介護に携わり、介護福祉士国家資格を取得したいと思ったから。

・これまで介護の仕事をしていたが、介護の専門知識や技術をしっかり習得したいと思ったから。

・人の役に立つ仕事がしたいと思ったから。

・入学を考えた頃、ハローワークで委託訓練制度による入学があったから。

・社会に求められる仕事に就きたいと思ったから。

 

(2)富山医療福祉専門学校を選んだ理由

・自宅から近く、通学に便利だったから。

・リハビリテーション、医療の勉強が特徴の学科だったから。

・学校の雰囲気が良かった。

・専門的な知識・技術が身につくと思ったから。

・先生が優しそうだったから。

 

リハビリテーションの講義の様子 

 

(3)社会人入学生の強み

・これまで培ってきた職業や人生経験が活かせる。

・社会のルールを習得しており、人間関係の構築がしやすい。

・社会経験後、学習することの面白さを実感できる。

 

 

7、社会人入学の卒業生からメッセージ

  卒業生 Sさん (当時20代)

① 介護の学校に進んだ理由

高校生の時に訪問美容に興味を持って、美容の技術を身につけるために美容師になりました。

5年ほど勤めた頃、介護の勉強をしっかりしたいと思い、学校の先生や友達の勧めもあり、美容師を辞めて介護福祉学科に入学しました。

 

② この学校に入学した理由

自宅から近く通いやすかったことです。

また、学科が多く学べる範囲が広がると思ったからです。

 

③ 介護の仕事について思うこと

最初の頃はできなかったことも、技術は身についてくるので、その分周囲に目を向けられるようになります。利用者の日々の変化に気づいて対応できたり、できなかったことがちょっと工夫することでできるようになってもらえたりすると嬉しいです。いろいろな経験ができて、充実した毎日を送ることができます。

 

④ 入学してよかったこと

毎日やりがいのある仕事ですが、悩むことも多いです。そんな時は、同僚や友達、学校の先生に相談しています。そうできるのは、学校で一緒に学んだからこそだと思います。記録の書き方や病気の名前、対応の仕方など、学んできたことを仕事に就いてすぐに活かすことができたのはよかったと思います。

 

 卒業生 Tさん(男性 当時40代)

① 介護の学校に進んだ理由

介護福祉士の資格取得を考えた時、働きながらだと資格取得に3年間かかると知りました。

一方、介護の学校では2年で介護福祉士の資格が取得できる為、進学を選びました。

 

② この学校に入学した理由

自宅から近いことと、勉強や実習などの指導を丁寧に行う学校と聞いたからです。

 

③ 介護の仕事について思うこと

どの仕事も同じですが、介護現場でも理想と現実のギャップに悩むこともあります。

しかし、理想に向かって職員同士の強いつながり、それぞれの意見を尊重し協力する環境が整っており、頑張れます。

 

④ 入学してよかったこと

私は40代で入学しました。上級生、下級生そしてクラスメイトには様々な年代の方がいます。

その方たちと意見交換できた事は、私にとって貴重な経験となりました。

 

 卒業生 Fさん(女性 当時30代)

① 介護の学校に進んだ理由

一般企業に勤務していましたが、祖母が要介護状態になったときに、自分にできることがなく、「知識を身につけて介護ができるようになりたい」と思い入学しました。

もともと、「人の役に立つような仕事をしたい」という思いがあったことも影響したと思います。

 

② この学校に入学した理由

入学を考えて介護の学校を調べたらすぐに出てきました。

自宅から近く、通いやすいと思って受験しました。

 

③ 介護の仕事について思うこと

現在デイサービスに勤務していますが、最初は「表情が暗いなぁ」と思っていた利用者さんでも、些細な話や相談事などを聞いていくうちに信頼関係ができていきます。そうやって少しずつ「あれもしたい、これもしたい」と意欲が出て、元気になっていく姿を見ることがとてもうれしいです。祖母に介護が必要になる前は、排せつ介助のイメージが強く「嫌な仕事」という印象を持っていましたが、「楽しいからやめられない!」そんな良い仕事です。

 

④ 入学してよかったこと

学校で学んだ専門技術や知識を、仕事に活かしていけることです。学校での介護の基礎知識、技術があるから応用もでき、とてもよかったと思っています。利用者さんや家族の方からの相談事に対しても的確に伝えることができるのも、学校で学んだおかげだと思っています。特に、実習でいろいろなサービスを経験したおかげで、相談を受けた際にイメージがしやすいです。それと、同じ思いを持った同期ができたこともありがたいことです。今でもたまに連絡を取っています。