介護福祉学科

HOME > News & Topics > 介護福祉学科

介護福祉学科の一覧です。

18.06.19

恒例!りんごの皮むき試験が行われる

2年生は、介護実習Ⅰ<訪問介護実習>に向けて着々と準備をしています。
この訪問介護実習では、地域社会で暮らす高齢者や障がいのある人が「その人らしさを維持しながら自宅で生活をする」ことを理解し、個別ケアの実践を学習します。
利用者さんが自宅で生活できるように、掃除・調理等の生活支援技術が必要です。

そこで、介護福祉学科恒例の「りんごの皮むき試験」が6月6日に行われました。

 

 

試験官である金谷学科長より調理の試験説明。

・りんごの皮むき試験

・卵焼き

15年前からりんごの皮むき試験が行われています。

訪問介護実習の登竜門!

まずは、手洗いと準備。

清潔な状態で調理を開始します。

ことわざで「段取り八分、仕事二分」と言われています。

しっかりとした準備をしましょう!

りんごの皮むき開始!

丸ごと皮むきできるかな?

 

 

介護福祉キャラクター福介だよ!

よろしくね!
  イラスト作:12期生 

試験官が厳しくチェックしています!

 

プレッシャーの中、手際よく上手に皮むきができています。

りんご芯を取った後に

 ・銀杏切り

 ・乱切り

 ・そぎ切り

 ・千切り

 ・みじん切り

なかなかの包丁さばき!

続きまして、卵焼きを作ります。

手際よく卵を掻き混ぜています。

崩れないように上手に返して!

焼きあがったら盛り付け。

切り方を工夫するだけでも綺麗に、美味しそうになります。

 

卵焼き完成!

出来栄えはいかがでしょうか?

最後は美味しくいただきま~す!

利用者さんの生活を支援するために

しっかり技術を磨きます!

 

   次はどんな授業かな? 

   楽しみだね!

 

次も楽しみだね!

 

 

 

18.05.23

学科内交流会開催!~in東福寺~

4月26日、毎年恒例の学科内交流会が開催されました。

介護福祉学科1,2年生が学校外での活動を共にし、親睦を深めることが目的です。

また、2年間でレクリエーションインストラクターを取得するため、2年生は授業の一環として自分でレクリエーション計画を立案し、実行する場でもあります。

 

 

9:00 学校出発!

9:35 東福寺到着後開会式

9:50 レクリエーション活動Part1

     2年生が自分で立案した計画に

     基づいてウォーミングアップや

     集団体操を実施。クールダウン

     も忘れていません!

11:30 バーベキュー棟へGO

 

11:45 バーベキュー開始

      調理担当は誰かな?

      鉄板焼き奉行がいたネ!

      たくさん食べたよ~

      お腹一杯になったよ~

12:45 休憩

13:30 駅舎前集合!
 

 

   13:35 レクリエーション活動

      Part2 スタート!

「ネイチャーポイントウォッチング」

 1グループ:BO-AT

 2グループ:うぐいす

 3グループ:スモツ

 4グループ:美女軍団with M

 5グループ:はなまる

 優勝グループはどのグループ?

 

15:00 とても仲良し1年生。

      みんなで「パシャリ」

15:20 表彰式・閉会式

      優勝グループは・・・

      1グループ:BO-AT

      おめでとう!!!!!

16:10 学校到着

      怪我がなく終了

      楽しかったね~

      振り返りは明後日までに

 

 

次回はどんな授業かな?

楽しみだね!

18.05.09

卒業生リレー(6)

 第10期卒業生の岩田 奈緒子(旧姓 西田)さんから写真とメッセージを頂きました。

 

 

 

 

    

  <利用者と楽しくおやつ作り>      <光風苑パンフレットより>

 

  

 学校卒業後、特別養護老人ホーム光風苑に就職し、介護福祉士として入居者の方々と関わってきました。勤続10年になりますが、その間に結婚、出産を経験し、今では三児の母となりました。光風苑は、福利厚生が整っており、育児休暇をしっかりと取ることができました。復帰後も、子どもが小さいうちはフルタイムで働くことが難しくなりましたが、勤務形態を考慮してもらい働き続けることができています。

 

 光風苑には4つの拠点があり、現在は堀川南光風苑のデイサービスで働いています。デイサービスでの勤務は4年ほどになりますが、試行錯誤しながら毎日を送っています。介護は人と人との関わりです。特に私は要支援の利用者の方へは、やり過ぎない介護を心がけています。デイに来られた方が、夕方にはご自宅へ帰られます。普段やっておられること、できることを活かしながらデイでどのように支援していけば良いのか常日頃から考えています。要支援、要介護と身体機能に大きな幅はありますが、今日もデイにきて良かったと笑顔で帰って頂けるように、これからも利用者の方々を支えて行きたいと思っています。

 

18.04.03

第30回介護福祉士国家試験 学生全員合格!!

 3月28日(水)14時、介護福祉士国家試験の合格発表がされました。

ドキドキしながら合格発表を見ると・・・全員合格!!

本当みんなおめでとう!!

日々頑張って取り組んだ国家試験勉強の成果だと思います。

 

学生から、「本当合格できてよかった」と喜びの声を聴き、

教職員も自分が合格したかのように喜びました。

 


 

18.03.16

卒業生リレー(5)

 今回は、3期生の宮崎(旧姓:平田)あかりさんです。

現在、介護老人保健施設なごみ苑の関連施設であるデイサービス滑川倶楽部で生活相談員としてご活躍中です。

 


       【主任 魚浦さんと共に】

 

 あかりさんが介護福祉士を目指したきっかけは、小学校のボランテイアで独居宅訪問をした経験から、福祉の仕事に興味をもったそうです。現在、日々の仕事の中では、ご利用者様が相談話をしやすいように、毎日笑顔を絶やさず、家庭的な温かい雰囲気づくりを心掛けて勤務しているそうです。

その中で、一人ひとりの会話を大切にして、“やりたい事”、“やってみたい事”を引き出し、本人のADL(日常生活動作)に合った作業や過ごし方を提供できるよう、職員同志の情報交換も大切にされているとのこと。

 

 また、日本の大変な時代を過ごしてこられたご利用者様のお話は、全て勉強になり、自分自身を成長させてもらっているそうです。そして、常に「尊敬・感謝・笑顔」を忘れず、今後とも頑張っていきたいとのこと。

 

 一方、家庭では、素敵なお母さんです。2人のお子さんがされているスポーツの応援と成長が楽しみだそうです。また、毎年、家族との旅行・キャンプも計画して、いい時間を過ごしているそうです。

 

18.03.16

文化と教養の発表会

 2月16日午後 デイサービス 滑川倶楽部にて、総まとめの発表会をしました。

 最初は、レクリエーション室で舞踊(おわらの踊り)を見ていただき、続いてデイルームでは、「ひな祭茶会」を楽しんでもらいました。学校で練習してきた成果が発揮でき、ご利用者様からも「良かったっちゃ」「上手だね」「お茶もお菓子も美味しかったよ」とたくさん褒めていただきました。また、発表会後のふれあい交流会も和やかな時間でした。

 その様子を北日本新聞社にも取り上げていただき、ホームページに載っています。ぜひご覧ください。

 


 

18.02.06

職業訓練受講生募集開始!

 本日よりH30年度入校の「介護福祉士養成科」の受講生を募集します。

見学・ご相談は随時受付しています。

~「介護福祉士」資格取得に向けて、新たな一歩をふみだしてみませんか!!~

 

 詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

(クリックすると拡大してご覧いただけます。)

 

thumbnail of h30_wiraku

 

 

18.01.25

新年会

1月10日(火)

 

 1年生は冬期休暇が終了し、本日から登校です。学科長による新年の挨拶の後は、2年生と合同で新年会を楽しみました。

 

 様々なレクリエーション材の紹介も含めながら、教員側で企画し、毎年行っています。今年は、「たいこ相撲」と「羽根っこゲーム」です。それぞれチームで作戦を練ったり、技を競い合ったりしながら楽しみました。

 

 各チームには、順位に応じて景品が!何があたったかな?

 

 

 

 

   

 

 

 

   

18.01.25

手話サークル

 本校に手話サークルが発足し、第1回目のサークルが12月15日(金)に開かれました。

 

 介護福祉学科では、これまでも2年生の授業で手話を学んだり、1年生は毎年11月に行われる「介護の日フェスティバル」で手話コーラスを披露するなど、開設当初から積極的に手話を取り入れてきました。そんな中、「楽しく学んでいける場をつくりたい」との声が挙がり、学科の垣根を越えて手話に興味がある人を募って手話サークルを立ち上げることになりました。

 

 本格活動は年明けからの予定で、聴覚障がいのある方との交流や講師の先生からのご指導なども予定しております。毎月第1・第3金曜日が活動日です。全学科・全学年を対象としておりますので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

 

18.01.15

卒業生リレー(4)

 前回の8期生 高瀬 悠貴(たかせ ゆうき)さんからのリレーを受け取ったのは、滑川市にあるグループホームほたるの里に勤務されている10期生 池亀 利紗(いけがめ りさ)さんです。

 

グループホームほたるの里での仕事

 グループホームほたるの里では、介護福祉士として入居者(認知症高齢者)の生活支援をされています。入居者の方々は、認知症や加齢・病気による体の不自由に伴い入浴動作や食事動作など難しくなったり、生活への不安や憤りを感じることがあります。

 池亀さんは、身体面の支援だけでなく、精神面の支援もされておられます。また、入居者一人ひとりが家庭的な環境の中で、掃除や洗濯、食事の準備、針仕事など得意なことを活かせるような機会を提供し、安心・イキイキとした生活につながるように支援されているそうです。

 

介護の魅力を実感

 介護の仕事をして改めて介護の魅力を感じることが多いそうです。池亀さんは、「介護の仕事は、利用者を支える印象が強いけれど、むしろ私たち介護する側も支えられていることが多くあります。先日も、私が悩んで落ち込んでいると入居者さんが寄り添ってこられて『どうしたの、大丈夫』と優しく声をかけてくださいました。」と述べておられます。

 また、「入居者の方々とともに生活を送る中で、入居者のできること、得意なことなど新たな発見があり、毎日が新鮮で楽しい」と言っておられ、介護の魅力を日々実感されておられるようです。

 

プライベートの充実

 一方、プライベートでは、音楽が大好き(特にロックバンドbacknumber)で、休暇に合わせて県外までライブを観に行かれるそうです。また、本学科の同級生とランチに行き、近況報告など親交を深め、仕事と休暇ともに楽しく充実した日々を送っておられるようです。

 

 

      <入居者と一緒にごぼうのささがき中>

 

<一緒に家の中を散歩>

Page 1 of 3123

News & Topics