介護福祉学科

HOME > News & Topics > 介護福祉学科

介護福祉学科の一覧です。

19.06.10

介護の基本Ⅱ~地域で生活する人を理解しよう!~

介護福祉士は、病気や障がいにより自分らしい生活が困難な赤ちゃんから高齢者、そして、その家族を支援します。

自分らしい生活の支援には、これら介護を必要とする人の個別性を理解することが大切です。

その中の1つに、その人が生活している地域を知ることが挙げられます。

1年次「介護の基本Ⅱ」の授業では、グループ別に各地域について調べ、それぞれ発表しました。

それでは、その様子を見てみましょう。



今回は、3グループに分かれて、富山・沖縄・モンゴルについて調べて発表しました。

 

1グループ目の発表は、富山県です。

私たちが住んでいる富山県ですが、どれだけ富山県のことを知っているでしょうか?

今年の1年生は、本校のある滑川市だけでなく、魚津市、黒部市、高岡市、砺波市など複数の地域から通学しています。

 

富山県内でも、「地域性」がありましたね。


 

2グループ目の発表は、沖縄県です。

 

なぜ、沖縄県を調べたのでしょうか?

 

富山県と比較して

・暖かい地域である。

・出生率が高い。

・観光者が多い。     などなど

 

富山県との違いが多い地域であると考え、調べたそうです。

気候や食べ物、言葉など富山県と多くの違いがあることを発表しました。地域によって人柄も違っていましたね。


 

 

3グループ目の発表は、モンゴルです。

 

今年の1年生にはモンゴルからの留学生が在籍しており、

モンゴルについて調べました。

 

 

 

日本の介護分野では、国際化がとても進んでいます。

これからの介護福祉士は、日本だけではなく海外の方の

「地域性」も学ぶ必要があります。

モンゴルの食事は「お肉がなければ食事ではない」

といわれるほど、お肉を食べる地域であると発表されました。

そして「女性が強い!」そうです。


地域を理解することで、その人のことを理解します。

その人のことを理解することで、その人らしさを理解します。

皆さん、その人らしさを理解できる介護福祉士になってみませんか?

「その人の為に、何が出来るか」一緒に考えていきましょう!

 

19.05.29

介護福祉学科オープンキャンパスを開催します!【申込受付終了】

2019年6月16日(日)に介護福祉学科のオープンキャンパスを開催します。

スケジュールやお申し込み方法は次の通りです。

 

 

オープンキャンパス・スケジュール

 

時 間 内 容
9:30~  受付
10:00~  学校概要説明
10:30~

 

 

 

 

 体験授業

 テーマ【こころを元気にするレクリエーション】

 ◆ レクリエーションとこころの関係

 ◆ 介護福祉士に必要なスキルとは

 ◆ レクリエーション体験 

11:30~

 介護福祉学科見学

12:00~  個別相談会(要予約)

 


参加に関するお知らせ・注意事項

 ※ 教員による個別相談会を実施します。(お一人15分程度・要予約)

   ご希望の方は、参加申込時にお申し出ください。先着順に受付ます。

 ※ 当日は上履きをご準備ください。


 

 

お申し込み方法

お申し込みの受付は終了しました。

 

 

体験入学チラシ

体験入学のチラシをご覧いただけます。

下記の画像をクリックすると拡大表示されます。(PDFファイル)

 

thumbnail of 介護福祉学科 体験入学(表)thumbnail of 介護福祉学科 体験入学(裏)

19.05.24

学科内交流会~介護福祉学科の親睦を深めよう~

4月25日は『平成』最後の学科内交流会でした。
平成9年に介護福祉学科が開設されて以来、22年続く伝統行事です。
元号が『令和』に変わっても、介護福祉学科の伝統は変わりません!

 

この学科内交流会は、親睦を深めるだけでなく、各学年の目標を定めて行っています。
2年生は、介護福祉とレクリエーションの授業で学んだことを実践する場です。
1年生は、地域と触れ合いながら介護福祉士にとって大切な心を育てるという目標があります。
 さあ、皆さん目的意識を持ちながら、親睦を深めて楽しみましょう。

 

今年度の研修内容は・・・

①滑川宿場街道巡りウォークラリーと俳句作り

②グループ別ランチ

③ほたるいかミュージアム見学

 

開催にあたり、科目担当の住田先生よりご挨拶をいただきました。

研修①のウォークラリーに出発する前に、2年生が授業で企画したリズム体操でウォーミングアップ!

小雨の降る肌寒い天気のため、温まった体が冷えないよう防寒対策をしてスタートを待ちます。

 

学年の垣根を越えて親睦を深めてもらおうと、1・2年生混合でチーム編成がされています。

スタート前から会話が弾んでいました。

学校横にあるスポーツ・健康の森公園に到着しました。

ポイントを探して、問題を見てみると・・・

 

・ウォーキングコースの全長は何m?

・観客席の数は?

・避難所になっていますが、どんな機能がありますか?

などなど


続いて、こども元気広場に到着。

 

「遊具の土管の直径は何cmありますか?」

という問題。


皆で一生懸命に問題の答えを考えている中、

土手に何やら黒い影が・・・

「新入生の人気者」参上!!

とても楽しく和気あいあいと進んでいきました。

 

その後、グループ毎に俳句も作成しました。

続いて、ほたるいかミュージアムへ移動し研修②。

チームで昼食を食べた後、デザートタイム!

画像は、1・2年生の女子グループです。

 

介護福祉学科の親睦が深まっているようです。

研修③ ほたるいかミュージアム見学

 

館内を見学後、全員で記念撮影!!

笑顔がいっぱいみられました。

学校へ戻り、炭田先生から、レクリエーションについてご指導いただきました。

レクリエーション財(※)は、「森の中のリス」でした。

 

※レクリエーション財とは

 レクリエーションを実践するときに必要となるさまざまな文化財


「おおかみが来たぞ!」

「きこりが来たぞ!」

「嵐が来たぞ!」

 

高齢の集団レクゲームから、インストラクターとしての指導方法を体験しました。

最後に表彰式が行われ、ウォークラリーの順位と俳句の優秀グループが発表されました。

怪我もなく無事に全てのスケジュールを終え、閉会式。

2年生のホーム長からの閉会挨拶で締めくくりました。

介護福祉士は、人間関係を大切にする職業です。

親睦を深めるにはコミュニケーションが大切であり、言葉(言語)だけでなく、運動や遊びを使ったレクリエーションは人との関係性をより深めてくれます。

今回の学科内交流会を通じて、人との関係性について多くの学びがあったことでしょう。

19.05.10

介護予防講座「にこにこサロン」で地域と交流

滑川市上梅沢町内会から地域福祉事業「介護予防講座 にこにこサロン」のご依頼を受け、4月20日(土)、同公民館にて金谷学科長が介護予防の出張講演を行いました。

今回のテーマは「介護で使うアロマ体験」で、15名(男性6名 女性9名)が参加されました。

 

最初に、健康茶が配られリラックスしたのち、今回のサロンで行う手浴について、プロジェクターを使ってミニ講義を行いました。

手浴の目的・効果として、次の5つが挙げられます。
①手の清潔を保つ。
②さっぱり感・爽快感があるため、体調が悪くて入浴できない場合でも満足感が得られる。
③血行が促進され身体も温まる。⇒安眠への効果がある。
④関節の拘縮がある場合は、温めて筋肉を緩めることで予防とリハビリになる。
⑤爪もやわらかくなるので、切りやすくなる。


では皆さん、やってみましょう!

男女ペアになって、手浴⇒清拭(蒸しタオル)を交替して行いました。最初は照れくさそうでしたが、演習が進むと『にこにこ』と笑い声が飛び交いました。

 

リラックスできる雰囲気作りに配慮し、ビブラフォンの音楽を聴きながら実施しました。
心地よい、ゆったりとした時間が流れ、リラクゼーション効果が高まったようです。

ケアする側も、心の落ち着きを感じられました。

 

ここで、手浴の方法をご紹介します。

ぜひやってみてください。

 

【準備するもの】

・タオルやバスタオル

・防水シーツ

・洗面器

・バケツ(汚水用)

・お湯(38~40℃)

・アロマ(市販のお風呂用ハーブ)

【手順】

①ぬるめのお湯(38~40℃)を洗面器に準備し、手を 入れます。(今日はラベンダー湯)

②しばらくしてから、手の甲や手のひら、指の間をきれい に洗います。

③洗面器のお湯を変えて、ひしゃくで、かけ湯をします。

④かけ湯後は、タオルで水分をしっかり拭き取りましょう。

手浴の後は、蒸しタオルで手を温め、清拭を行いました!

最後に、ハンドクリームを使って皮膚への保護と手のひらや指、手首の筋肉・関節のリハビリをして終了です。

皆さんから「気持ちいいね!」、「手が温まるわ!」という感想と『にこにこ』をいただきました。

 

様々な介護技術がありますが、今回はその中の一つ『手浴』を行いました。触れ合うことで、安心感を与えることができることから、臨床ではターミナルケア(終末期ケア)、重度の障がいを持つ方、認知症の方にも実施されています。

私たちは、今後もこのような形で地域に貢献するとともに、多くの方に介護に興味を持っていただけるよう普及ができればと考えております。

 

19.04.15

対面式

 

対面式は、介護福祉学科伝統の行事。
新入生にとっては、初めての先輩との顔合わせ。
2年生にとっては、初の後輩となります。
毎年、2年生がレクリエーションを企画し
楽しい時間を過ごせるようにしています。

初顔合わせなので、緊張感がありました。

 

 

金谷先生からご挨拶。
2年生が黒板の絵を描いてくれました。
今年も留学生が入学しましたので、
留学生の母国語で歓迎しました。
これから交流を深めて外国の文化も学んで
いきます。

 

くじ引きで、グループ編成した後、
一人ひとり、自己紹介を行いました。
自己紹介後、
2年生がレクリエーション財の説明を
しながら1年生と楽しく交流しました。


 

最初のレクリエーションは・・・
「たんぽぽシャッフル」

2年生、留学生のマンさん!
とても上手に点数を取っていました!

 


 

 

 

続いて、新入生の留学生、ウンダルマさん!

10点を通り越して・・・8点!
初めてにしては、上出来!


 

2つ目のレクリエーションは・・・
「スカットボール」

先輩方に見守られながら第1打!
何点に入ったかな?


 

 

 

続いて、先輩。さすがです!

多くの学生は外していましたが、
1打目をしっかりと入れて、1点ゲット!
2打目は、5点を狙ってます!

 

終わりは先生方から一言ずつ。
 
「みなさん笑顔で、楽しい時間を過ごせ
  ました。これから授業が始まります。
  頑張っていきましょう。
  2年生のみなさん、楽しい企画をして
  くださってありがとう!」

 

19.04.15

入学式

 

 

暖かい風が吹き始めた春。
柳原の地に、春が訪れています。
富川桜も咲き始め、新しい季節を迎えよう
としています。
寒い季節に、力をたくわえて。
たくわえた力の分だけ、素敵な花を
咲かせます。

 

 

4月5日。

期待を胸に、新たな蕾が入学しました。

介護福祉士という優しく、

素敵な花を大きく咲かせるために、

一緒に勉強しましょう!

 

新2年生が皆さんを待ってるよ!

 

新2年生作

19.01.30

職業訓練受講生募集開始!

 1月29日(火)よりH31年度入校の「介護福祉士養成科」の受講生を募集します。

見学・ご相談は随時受付しています。

 

 詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

クリックすると拡大してご覧いただけます。(PDFファイル)

 

thumbnail of H31_wbosyu

 

19.01.28

高齢者疑似体験~高齢者の気持ちを考えよう~

 

寒い日が続いていますが、皆さん元気ですか?

2019年が始まりましたね。

今年は去年と比べて雪が少なくて通勤通学しやすいね。

でも、インフルエンザが流行っているから体調に気をつけよう!

今回は寒さにも負けず元気いっぱいの1年生の授業を紹介するよ。


雪がちらつく1月16日、学外研修で富山市のサンシップとやま内にある富山県介護実習・普及センターへ行ってきました。科目「介護総合演習Ⅱ」の一環で高齢者疑似体験を受講するためです。

 

高齢者疑似体験とは、耳栓や特殊眼鏡、手足に重りなどを装着し、75~80歳前後の高齢者の身体的機能低下や心理的変化を疑似体験するプログラムです。

所長さんからご挨拶をいただき、いざ体験です。


 

学生は高齢者役と介助者役の2人1組で体験をします。職員の方から説明を受けながら、高齢者役の学生に疑似体験セットを装着していきます。


こんな感じになりました。

・眼鏡

加齢によって生じる白内障による色変化、ぼやけて見える状態や視野の狭さを再現。

・耳栓

耳栓をつけることで、高音が聞こえにくくなり、老人性難聴の特有な聞きにくさを再現。

・ベストと重り

ベストの両ポケットに体験者の体重に対比させ重りを入れ、加齢に伴う前かがみの姿勢を再現。

・肘サポーターと手首の重り

肘サポーターで関節を固定し、手首に重りをつけることで、筋力の衰えによっておこる肘の緩慢な動きを再現。

・手袋

手指感覚などの低下により、物がつかみにくい、落としやすい状態を再現。

・膝サポーターとの手首の重り

足の筋力の低下に伴い、膝が動きにくくなる状態を再現。

・靴型サポーター

足首の関節を半固定することで、歩くときにつま先が上がらず、つまずきやすくなる状態を再現。


では、歩いてみましょう!

 

・足が重くて歩きにくい

・つま先が引っかかってつまずきそう

・とてもバランスが悪い

 

実際に歩いてみた学生の感想です。

その他の日常動作でも様々な声が挙がりました。


エレベーターでは…

 

・エレベーターのボタンが見難い

・入口が狭くて怖い

・ボタンを押したか感覚がない


段差のあるところでは…

 

・段差が見えづらい

・ふらついてしまった

・足が上げにくい


浴槽では…

 

・膝が曲がらなくて、浴槽に入るのが大変

・浴槽から出られなかった


階段を下りてみました…

 

・段差が分からない

・手すりがないと怖い

・転びそう


財布からお金を出してみました…

 

・ポケットから財布を出しにくい

・どのお金を出したかわからない

・お金を落としてしまった



自動販売機で飲み物を買ってみました…

 

・どのボタンを押したかわからない

・飲み物を選ぼうにもよく見えない

・買った飲み物を取り出すのに一苦労

 

 



新聞や飲み物の表示を見てみました…

 

・字がぼやけてわからない

・新聞の字が小さくてわからない

・写真の色がよくわからない


今回の学外活動を通し、加齢に伴う生体機能の低下を体験しました。

若者にとっては何気ない日常生活が、高齢者には困難であることがよく分かったと思います。

高齢者の立場に立った介護ができるよう、更に学習して理解を深めていきましょう。

18.12.25

クリスマス茶会・ミュージックベル演奏会

皆さん、元気ですか!

元気があれば、楽しくできる!

もう年末だね。

年末には、いろいろな行事があるね。

学生の皆は、どんな行事に取り組んでいるのかな?

見てみよう!


 

2年生の授業で「文化と教養」という科目があります。

学生が「茶道」と「音楽」のどちらかを選択して、授業が進みます。

・茶道では、日本伝統である茶道にふれることにより、一期一会の精神を知る。

「おもてなし」と「感謝」思いやりの心を持ち、人に対する作法・礼儀の基本を身につける。

・音楽では、ミュージックベル・ドレミパイプをグループで演奏することで、協力し合って音楽を作る喜びを味わい、それを発表して思いやりの心を育てる。

各々の授業目標に沿って9月より取り組み、12月18日に発表会を開催しました!


まずは、クリスマスお茶会。

お客様に長谷川学校長、吉森事務長、炭田先生、1年生、事務員さんを迎え、厳かに始まりました。


■掛軸

待ち席には「聖夜」

 

クリスマス茶会ということで、クリスマスに関係した掛軸が掛けられました。  

茶室には「無事」

 

今年もつつがなく終わりますように。

そして、来年の皆様の幸せを願って、この掛軸を掛けました。

■お花

 

お花は

・ひいらぎ

・昭和わびすけ椿

・つた

 

 

 

 

 


半東より

 「お菓子をお召し上がりください」

 「今日のお菓子は、『もみの木』です」


半東・点前より

「薄茶をさし上げます」

9月から練習した作法を一つ一つ丁寧にいざ本番!

裏千家の斉藤かや乃先生に見守られながら盆略点前をしています。


半東より

 「お茶をどうぞ」

 

正客より

 「いただきます」

 「結構なお点前です」


 1年生もお茶をいただきました!

 先輩の凛々しさに感動しました!


次はミュージックベルです。

 ≪曲目≫

 ・ジングルベル

 ・赤鼻のトナカイ

 ・あわてんぼうのサンタクロース

 ・星の世界


参加者全員で歌いましょう!

 ≪曲目≫

 ・夕焼けこやけ

 ・ふるさと

 ・よろこびのうた

 ・あんたがたどこさ

 ・おめでとうクリスマス

 ・きよしこの夜


参加者もミュージックベルを体験しよう!

曲目は『きらきら星』でした。

 

一人ひとり音階の違うベルを1本持って合奏しました!

とてもうまくできたよ。


みんなの力が合わさって、とても素敵な発表会となりました。

ご協力いただいた先生方、ありがとうございました。

18.11.20

清潔保持の為の介護技術演習

皆さん、お元気ですか!
だんだん、寒くなってきたね。
寒いときは、お風呂に入って身体を温めたいね。
日本人はお風呂が大好き。
入浴は日本の文化で、特に高齢者は楽しみにしている。
1年生で留学生のマンさんに聞いてみると
「ベトナムはシャワーです」と言っていました!
今回の授業は「生活支援技術Ⅱ 清潔保持」を見てみよう!


入浴の目的は次の4つです。
 ・身体の清潔保持
 ・身体の機能向上
 ・全身観察
 ・心身のリラックス

色々な機器を使って、一人ではお風呂に入れない利用者さんの支援をします。

今回はその機器の使い方を学びます。


入浴者は、モデル人形の滑川清子さん。

いつも入浴演習でご協力いただいております。

清子さんが安全・安楽に入浴できるように、どのようなことに注意をすればよいでしょうか。


機器には色々な安全装置があります。

一つ一つ丁寧に操作しましょう。


いよいよ湯船に入ります!


湯船から上がりました。

「清子さん、気持ちよかったですか?」

声かけも大事です。


実際に器機を使った入浴を体験してみます。

入浴者は、留学生のマンさん。


マンさん、不安そうですね。

利用者さんも少なからず不安に感じているはずです。安心して入浴ができるように、支援しましょう。


「とても気持ちいいですね」

マンさんに笑顔が戻りました。

安全に気をつけながら、丁寧に操作をしてマンさんの不安は解消したようです。

すっかり入浴を楽しんでいます。


次は、右片麻痺を想定した入浴です。

福祉用具を使って入浴の体験をしました。

 


介護福祉士が利用者さんの自宅に訪問し、入浴介助を行うこともあります。

その時は、移動ができる浴槽を使用します。


空気を入れて使う浴槽もあります。

マンさん、すっかりお風呂の虜になったようです。

 

Page 1 of 41234

News & Topics