介護福祉学科

HOME > News & Topics > 介護福祉学科

介護福祉学科の一覧です。

18.11.20

清潔保持の為の介護技術演習

皆さん、お元気ですか!
だんだん、寒くなってきたね。
寒いときは、お風呂に入って身体を温めたいね。
日本人はお風呂が大好き。
入浴は日本の文化で、特に高齢者は楽しみにしている。
1年生で留学生のマンさんに聞いてみると
「ベトナムはシャワーです」と言っていました!
今回の授業は「生活支援技術Ⅱ 清潔保持」を見てみよう!


入浴の目的は次の4つです。
 ・身体の清潔保持
 ・身体の機能向上
 ・全身観察
 ・心身のリラックス

色々な機器を使って、一人ではお風呂に入れない利用者さんの支援をします。

今回はその機器の使い方を学びます。


入浴者は、モデル人形の滑川清子さん。

いつも入浴演習でご協力いただいております。

清子さんが安全・安楽に入浴できるように、どのようなことに注意をすればよいでしょうか。


機器には色々な安全装置があります。

一つ一つ丁寧に操作しましょう。


いよいよ湯船に入ります!


湯船から上がりました。

「清子さん、気持ちよかったですか?」

声かけも大事です。


実際に器機を使った入浴を体験してみます。

入浴者は、留学生のマンさん。


マンさん、不安そうですね。

利用者さんも少なからず不安に感じているはずです。安心して入浴ができるように、支援しましょう。


「とても気持ちいいですね」

マンさんに笑顔が戻りました。

安全に気をつけながら、丁寧に操作をしてマンさんの不安は解消したようです。

すっかり入浴を楽しんでいます。


次は、右片麻痺を想定した入浴です。

福祉用具を使って入浴の体験をしました。

 


介護福祉士が利用者さんの自宅に訪問し、入浴介助を行うこともあります。

その時は、移動ができる浴槽を使用します。


空気を入れて使う浴槽もあります。

マンさん、すっかりお風呂の虜になったようです。

 

18.11.05

1年生:国内研修旅行~国際福祉機器展~

 本学科の1年生が、研修旅行の一環として、第45回 国際福祉機器展に行ってきました。

この機器展は、10月10日(水)~10月12日(金)の3日に渡り、東京ビッグサイトにて開催されました。14か国1地域から560社を超える企業・団体が集まり、最先端の福祉機器を展示するアジア最大規模の機器展で、来場者は12万人に上りました。(写真1・2)

 

 1日目、事前学習として「機器展で見たい福祉機器」を調査、発表し、情報を共有してから機器展に向かいました。会場では、寝たまま入浴が可能な入浴機器、高い階段を乗り越えることができる車椅子、介護予防を目的とした運動機器などが展示されており、最先端の福祉機器を見学するだけでなく、中には試乗できる機器もありました。(写真3~6)

 

 機器展の見学を終え、夜はお台場でディナータイム!

レインボーブリッジが見えるお店で、クラスの親睦を深めました。(写真7)

夜景を見ながらのディナーは格別でした。

 

 2日目は、学生が楽しみにしていた自由時間です。

それぞれが東京の名所(東京スカイツリー、浅草、美術館、原宿など)を散策しました。

 

 今回の研修旅行は、今後の介護の在り方について考えるよい機会となりました。福祉機器の高度化に伴い、今後ますます機器を活用した介護が普及していくでしょう。学生からも「楽しかった」「高性能の機器に驚いた」などの声が聞かれました。また、クラスメイトとの親睦も深めることができ、よい研修旅行となりました。

 

写真1 大きな看板の前でパシャリ

 

写真2 会場内は大勢の人でいっぱい

 

写真3 最新の入浴機器

 

写真4 階段昇降に対応した車椅子

 

写真5 教員が入浴機器を体験

 

写真6 介護予防の運動機器に学科長も体験

 

写真7 みんなで乾杯!

 

 

18.10.18

障がいについて理解を深めよう!

~ 1・2年生合同施設見学研修 ~

 

 

皆さん、こんにちは!

介護福祉学科のキャラクターの「福介」だよ。

名前を覚えてくれたかな?

今日も介護福祉士を目指して、頑張っている皆を紹介しますよ!

どんな勉強をしているか、楽しみだね。


 9月5日、1年生は「介護の基本Ⅱ」、2年生は「介護総合演習Ⅳ」の授業の一環で、障がい者施設に合同で見学研修に行ってきました。
 最初に高岡市にある「社会福祉法人高岡市身体障害者福祉会志貴野苑」で研修を行いました。
 介護福祉士の支援の一つに「就労支援」があります。利用者の皆さんの希望や障がいの状況に応じた作業に従事することで、作業意欲の向上に努め、働く喜びや社会参加意欲が高まるよう支援を行います。志貴野苑には就労継続支援事務所が併設されており、就労支援の様子を見学させていただきました。

 

 続いて「障害者支援施設 志貴野ホーム」に移動し、「生活支援」について研修を行いました。
 まずは座学から。職員の中塚さんから、施設の概要や介護福祉士としての心得等をご指導いただきました。中塚さんは、当学科の第3期卒業生でもあります。後輩のために「熱く」語っていただきました!

 

 座学が終了し、施設内見学へ。見学の途中、トイレや浴室で最新の介護機器を見せていただき、使用方法や注意点の説明を受けました。更には、実際に体験もさせていただきました!

 利用者さんの身体への負担軽減を考えることも大切ですが、介護者の負担も軽減することにより、働きやすい環境作りも大切なことです。

 

 介護技術の基本はボディメカニクスです。利用者さんが安全・安楽に介護を受けられるように、介護者も身体を正しく使って負担の少ない技術を身につけることが大事です。スライディングシートやボードを使用することで、体位変換や移乗時の負担が軽減することを学びました。

 施設の皆様、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

  


次はどんな授業かな?

楽しみだね!

18.09.13

夏休み企画~仲間との交流を深めよう!~

 

今年の夏は暑かったね~

夏休みも終わり、9月からまた皆さんと会えたね。

今日は、学生さんが夏休みに、どんな事をしていたか見てみよう!

     

 

 

綺麗なランタンだね。

これは、8月11・12日に行われた

「ベトナムランタンまつりinなめりかわ」の写真だよ!

 

『夏の夜に、旧宮崎酒造周辺に300個の色鮮やかなランタンが飾られ、情緒あふれる幻想的な灯りに包まれる祭りです。

この祭りは、旧宿場町の瀬羽町の街並みが、ランタン祭りで有名な、ベトナムの世界遺産の港町ホイアンに似ていることがきっかけで平成22年から始まりました。年々、ベトナム人関係者や来場者も増え、国際交流の場となっています。

会場では、米麺フォー、揚げ春巻き、小豆のチェー等のベトナム料理や、地元滑川のソウルフード「どんどん焼き」等のグルメ屋台やベトナム雑貨ショップが並びます。

ベトナムの民族衣装「アオザイ」の試着体験やファッションショー、ベトナム民族音楽コンサート等があり、日本の風情ある街並みとベトナムの文化が混じり合ったイベントです。』(滑川市HPより)
     
   

集まったメンバーは、1年生と教員。

1年生にはベトナム人留学生「グェン・ドゥック・マン」さんが在籍していて、今回ベトナムランタンまつりに参加するきっかけになりました。

クラスメイトからは「マン君」と呼ばれ、とても優しく人気者です。

昨年、来日してからベトナムには帰国していないため、少しでも故郷を思い出してもらおうと参加しました。

     
   

クラスメイトの家族も参加し、とてもアットホームな雰囲気で写真を「パシャリ!」

介護福祉士として一番大切な "心" は

「相手の気持ちを大切にすること」そして

「みんな、家族であるという気持ち」。

楽しかったね!

また、皆で出かけよう!

 

9月から授業が始まるね。たくさんの学びがあるといいね。

頑張っていこう!

18.08.02

1年生、屋外実習を行う!

みなさん、暑い日が続いていますね。
今年の夏もとても暑い!
そして、我が介護福祉学科の授業もアツイ!
今日はどんな授業をしているのか福介君にレポートしてもらいましょう!

 

やぁ!皆さん元気かな? 毎日、暑いね~。

今日は、この暑さに負けないくらい、介護福祉士になるために

「アツイ思い」を胸に入学をした1年生の授業を見てみましょう!

1年生は、入学して4ヶ月が過ぎようとしています。

7月上旬には、初めての実習を行い、授業で習ったことを実際に施設で見学や体験をして、徐々に介護の知識や技術を身につけています。

更にレベルアップするためにどんな授業をしているのかな?

 

 

車椅子に乗っている学生とアイマスクをしている学生がいますね~

これは!

生活支援技術Ⅱ【移動】の屋外実習 だね。

車椅子介助と視覚障がい者の体験・介助を学習する大切な授業だね。

暑さ対策万全!さぁ出発!

 

 

今回のミッションは、学校→ホタルイカミュージアム→学校までの移動介助。

実習のポイントは・・・

①介助者役は安全・安楽に移動介助する

 にはどんなことが必要なのか体験する。

②利用者役は生活道路の車椅子と視覚障

 がい者の体験をする。

利用者はどんな事を感じるのかな?

どんな思いを持っているのかな?

 

踏み切りも渡ってみよう!

安全に渡るには、どんな声をかけるといいかな?

車椅子で渡るには、どんな車椅子操作が必要かな?

生活場面の移動介助は難しいね~

利用者どんな感じかな。

不安がいっぱいだね。

 


 

車椅子は移動するのにとても便利!

けど、ちょっとした段差や凸凹道でも安全・安楽に介助するには色々な操作や声掛けが必要だね!

 

授業で習ったことを思い出して!

 

 


 

無事、折り返し地点のホタルイカミュージアムに到着!

 

学校に戻るために、しっかりと水分補給と身体を一度クーリングダウン!

決して、「楽しみで」アイスクリームを食べている訳ではありません!

 

 

福介君は喜んでいますが・・・汗

 


 

車椅子介助と視覚障がい者介助を交代して出発!

学校に戻りましょう。

長い坂道を登ったり、下ったり。

交通量のある道路ではどんな介助が必要かな?

 

・道路って凸凹して歩きにくいね。

・川の水の音で道が狭く感じた。

・利用者に合わせて歩くスピードは

 どれくらいがよいのかな。

・車椅子で酔いそうになった。

 

色々なことがわかったね!

 

次はどんな授業かな?

楽しみだね!

 

無事、帰校! 車椅子を洗って、メンテナンスをして後片付け。

色々な学びがあったね。

 

 

18.08.01

公開講座

平成30年6月23日(土)

 「音のない世界から宇宙へ ~JAXAで働く聞こえない人(介護福祉士)がお話します~」というテーマで、公開講座が行われました。講師の春日晴樹氏は、本校介護福祉学科 第8期生のFさんのご主人であり、そのご縁で講演が実現しました。

 講演の第1部では、宇宙から見た地球や宇宙での生活を動画や写真で見せていただいたり、新幹線や飛行機などの身近な乗り物で太陽まで行くとしたらどれだけの年月がかかるか、というように、とてもわかりやすくお話をしていただきました。

 第2部では、ご自身の生い立ちや宇宙に興味を持ったきっかけ、日本一周、世界一周などバイタリティーにあふれた半生についてお話いただきました。「自分で自分を活かすことが大事だ」と話す春日氏の姿が、印象的でした。学生や卒業生からの感想もありましたが、それぞれの心に響いた言葉があったようです。参加者からもたくさんの質問が出て、活発な講演会になりました。

 

 

≪北日本新聞 平成30年6月22日(金)掲載≫

 

≪北日本新聞 平成30年6月24日(日)掲載≫

 

18.06.19

恒例!りんごの皮むき試験が行われる

2年生は、介護実習Ⅰ<訪問介護実習>に向けて着々と準備をしています。
この訪問介護実習では、地域社会で暮らす高齢者や障がいのある人が「その人らしさを維持しながら自宅で生活をする」ことを理解し、個別ケアの実践を学習します。
利用者さんが自宅で生活できるように、掃除・調理等の生活支援技術が必要です。

そこで、介護福祉学科恒例の「りんごの皮むき試験」が6月6日に行われました。

 

 

試験官である金谷学科長より調理の試験説明。

・りんごの皮むき試験

・卵焼き

15年前からりんごの皮むき試験が行われています。

訪問介護実習の登竜門!

まずは、手洗いと準備。

清潔な状態で調理を開始します。

ことわざで「段取り八分、仕事二分」と言われています。

しっかりとした準備をしましょう!

りんごの皮むき開始!

丸ごと皮むきできるかな?

 

 

介護福祉キャラクター福介だよ!

よろしくね!
  イラスト作:12期生 

試験官が厳しくチェックしています!

 

プレッシャーの中、手際よく上手に皮むきができています。

りんご芯を取った後に

 ・銀杏切り

 ・乱切り

 ・そぎ切り

 ・千切り

 ・みじん切り

なかなかの包丁さばき!

続きまして、卵焼きを作ります。

手際よく卵を掻き混ぜています。

崩れないように上手に返して!

焼きあがったら盛り付け。

切り方を工夫するだけでも綺麗に、美味しそうになります。

 

卵焼き完成!

出来栄えはいかがでしょうか?

最後は美味しくいただきま~す!

利用者さんの生活を支援するために

しっかり技術を磨きます!

 

   次はどんな授業かな? 

   楽しみだね!

 

次も楽しみだね!

 

 

 

18.05.23

学科内交流会開催!~in東福寺~

4月26日、毎年恒例の学科内交流会が開催されました。

介護福祉学科1,2年生が学校外での活動を共にし、親睦を深めることが目的です。

また、2年間でレクリエーションインストラクターを取得するため、2年生は授業の一環として自分でレクリエーション計画を立案し、実行する場でもあります。

 

 

9:00 学校出発!

9:35 東福寺到着後開会式

9:50 レクリエーション活動Part1

     2年生が自分で立案した計画に

     基づいてウォーミングアップや

     集団体操を実施。クールダウン

     も忘れていません!

11:30 バーベキュー棟へGO

 

11:45 バーベキュー開始

      調理担当は誰かな?

      鉄板焼き奉行がいたネ!

      たくさん食べたよ~

      お腹一杯になったよ~

12:45 休憩

13:30 駅舎前集合!
 

 

   13:35 レクリエーション活動

      Part2 スタート!

「ネイチャーポイントウォッチング」

 1グループ:BO-AT

 2グループ:うぐいす

 3グループ:スモツ

 4グループ:美女軍団with M

 5グループ:はなまる

 優勝グループはどのグループ?

 

15:00 とても仲良し1年生。

      みんなで「パシャリ」

15:20 表彰式・閉会式

      優勝グループは・・・

      1グループ:BO-AT

      おめでとう!!!!!

16:10 学校到着

      怪我がなく終了

      楽しかったね~

      振り返りは明後日までに

 

 

次回はどんな授業かな?

楽しみだね!

18.05.09

卒業生リレー(6)

 第10期卒業生の岩田 奈緒子(旧姓 西田)さんから写真とメッセージを頂きました。

 

 

 

 

    

  <利用者と楽しくおやつ作り>      <光風苑パンフレットより>

 

  

 学校卒業後、特別養護老人ホーム光風苑に就職し、介護福祉士として入居者の方々と関わってきました。勤続10年になりますが、その間に結婚、出産を経験し、今では三児の母となりました。光風苑は、福利厚生が整っており、育児休暇をしっかりと取ることができました。復帰後も、子どもが小さいうちはフルタイムで働くことが難しくなりましたが、勤務形態を考慮してもらい働き続けることができています。

 

 光風苑には4つの拠点があり、現在は堀川南光風苑のデイサービスで働いています。デイサービスでの勤務は4年ほどになりますが、試行錯誤しながら毎日を送っています。介護は人と人との関わりです。特に私は要支援の利用者の方へは、やり過ぎない介護を心がけています。デイに来られた方が、夕方にはご自宅へ帰られます。普段やっておられること、できることを活かしながらデイでどのように支援していけば良いのか常日頃から考えています。要支援、要介護と身体機能に大きな幅はありますが、今日もデイにきて良かったと笑顔で帰って頂けるように、これからも利用者の方々を支えて行きたいと思っています。

 

18.04.03

第30回介護福祉士国家試験 学生全員合格!!

 3月28日(水)14時、介護福祉士国家試験の合格発表がされました。

ドキドキしながら合格発表を見ると・・・全員合格!!

本当みんなおめでとう!!

日々頑張って取り組んだ国家試験勉強の成果だと思います。

 

学生から、「本当合格できてよかった」と喜びの声を聴き、

教職員も自分が合格したかのように喜びました。

 


 

Page 1 of 3123

News & Topics